マンション管理士/年収のお話し
| Home |

マンション管理士の仕事では、独立・開業という選択肢が考えられます。

もっとも、合格していきなり開業……はさすがに冒険すぎるでしょうね。世の中には、取得したらすぐに開業することが当たり前の資格もあるのですが、マンション管理士もその中に入っているとはいいづらいものがあります。

ところで、マンション管理士の開業については年齢による影響も無視できません。

・まだ若い場合(20~30代)

早くからマンションの仕事に関心を持っていてキャリア開始やこの資格の勉強が早ければ、これくらいの若い間でも独立・開業をもくろむケースはありうるでしょう。
これくらいの年齢のときのメリットは「若いから、いろいろと挑戦しやすい」「体力がある」「やり直しがまだ利く年頃」といったところでしょうか。
デメリットは「若いから、社会経験の不足が裏目に出る恐れがつきまとう」といったところでしょう。

・中年の場合(40~50代)

この年代が、マンション管理士受験者・合格者の核となる年齢でもあります。
まだ活躍できる時間がわりと残っていますし、社会経験だってそれなりにあるでしょう。
ただし、扶養家族がいることが多く、しかも子育て等で常に出費を強いられることが多い時期でもあります。そうなると、独立という失敗がありうる勝負に出にくいこともまた事実。

・熟年の場合(60代以上)

実は、60代以上でも仕事をしているマンション管理士は決して珍しい存在ではありません。
もっとも、趣味感覚の仕事ぶりとなっていることがけっこう目立つことは否定できないようです。
世間では、引退したり嘱託という形で再度働いていたり……が当たり前の年齢。そのような形になるのも当然なのかもしれませんが。体力等も下降線をたどっているわけで、無理が利かないこともネックでしょう。
それでも、経験値やコネ、さらに資金等が豊かであれば、目を見張る活躍をすることがあってもまったく不思議ではないですね。

マンション管理士はまだ歴史が長い資格ではないため、独立・開業をめぐる事情は今後どんどん変わっていくでしょう。年齢の影響も変わっていくと思われますが、少なくとも現時点では、以上のような事情があるわけです。

とにかく大事なことは、独立・開業を検討するなら絶対に失敗しないように、熟慮の末に決断する必要がある、ということですね。若くても、若くなくても成功のチャンスがある資格であることは間違いありませんから、自身の状態をよく振り返りつつ計画を立てましょう。