マンション管理士/年収のお話し
| Home |

私の合格体験記

自己紹介が遅くなりましたが、私は、不動産会社の営業職からマンション管理士へと転身しています。男性で今年35歳になります。かつて私が中心に扱っていたのは1LDKなどの投資用マンションです。私は幼い頃からなぜか建物が好きでしたし、投資用マンションの販売は歩合率も高く稼げるのが魅力でした。

しかし30代も半ばが近づき、お金のためだけに頑張る働き方に、どこか疑問を感じるようになりました。投資をしたお客様に儲けさせるために働くのではなく、本当に誰かの為になって喜んでいただける仕事。そんな生き方を望むようになっていました。
勝手のわかっている住宅(マンション)の世界ですので、居住者の方々を守る立場に働き方を変えれば、仕事に、また新しい意欲を持って向かえると思い、マンション管理士の試験を目指しました。

マンション管理士の試験突破がそう簡単ではないことを、私は承知していました。1回で合格するには専門学校へ通うのが無難だと考えました。
しかし、マンション販売で全国を飛び回っていた私が(投資用マンションではそのような特性があります)、学校へ通うのはどう考えても不可能です。それでも講師に教わる学習だけは取り入れたかったです。それで私は、講義DVDやCDでテキストを解説してくれる通信教育(フォーサイト)を利用して勉強しています。
複数の通信講座からフォーサイトをしぼり込んだ理由は、合格率の高さです。マンション管理士講座もそうですが、フォーサイトは社会保険労務士や行政書士などの難関資格でも、毎年全国平均を大きく上回る合格実績を出しています。試験は結果がすべてです。
そのような通信講座の教材なら、絶対安心だと思いフォーサイトにお世話になることにしたのです。

前ページでもお話ししましたが、マンション管理士の試験では複合問題がたくさん出題されます。ここにひとつ対策のポイントを置きましょう。それは、過去問等を繰り返して出題傾向に慣れること、と一般には思われがちです。
もちろんそうした出口対応の学習も大事なのですが、複合問題を類推して解けるようになる力をつけるには、結局は基礎をみっちり固めることが一番の近道だと思います。ですから試験合格に必要な基礎情報を、取りこぼしなく丁寧に解説している教材で勉強するのが一番なのです。

フォーサイトの指導方針は、テキストの情報量を合格に必要なだけの分量にしぼり、合格ラインの得点プラスαの実力を養成することです。受講生に決して満点は狙わせません。試験は結果がすべて、合格することが大切。それがフォーサイトの主義なのです。

そのためマンション管理士のテキストも、市販のモノと比べかなり分量が少な目です。助かりましたね。何度でも繰り返す時間があるので、基礎固めがばっちりできるのです。その少ない分量のテキストを講義DVDは詳しく解説してくれますので、なおさら頭に入りやすいというのがあります。
仕事柄、私の勉強場所は自宅だけとはかぎらず、地方のビジネスホテルや新幹線の中など多様でした。視聴できるところではどこでもDVDやCDを使って勉強しています。
ざっくり半年、時間は500以上と決めて勉強を開始しましたが、実際はもっと勉強しています。DVDやCDがあったからそうできたのだと思います。
学校へ通う時間的な余裕があるなら通学を。そうでなければ、講義DVDやCDを活用。これは鉄則だと思います。

<お薦めのマンション管理士講座>

第1位 フォーサイト

コンパクトな情報量で合格へ導く通信教育のリーディングカンパニー。迫力があって観やすい講義DVDのクオリティーも圧巻です。
フォーサイトの詳しい情報はこちら→ http://www.foresight.jp/mankan/

第2位 TAC

基礎力の徹底指導に定評ある専門学校です。「通学」でマンション管理士を目指す方への一押し校がTACです。
TACの詳しい情報はこちら→ http://www.tac-school.co.jp/

第3位 ユーキャン

CMでもでもおなじみの生涯学習の通信講座です。イラストや図表を多用した教材には、わかりやすく学べる工夫が満載されています。
ユーキャンの詳しい情報はこちら→ http://www.u-can.co.jp/