マンション管理士/年収のお話し
| Home |

効率の良い合格の目指し方とは?

これからマンション管理士試験合格を目指す受験生の皆さんは、今現在どのような勉強法に注目されているでしょうか?
難関国家資格対策ということで、やはり「予備校通学」を検討されている方が多いでしょうか?
それとも、「ちゃんと合格までたどり着けるか分からないし、まずは市販のテキストで始めてみようか」という方も、意外に多いかもしれませんね。もしくは、私のように通信教育講座選びを進めている方もいらっしゃるでしょう。

マンション管理士試験合格を目指す上で心得ておきたい点は、いずれの試験対策を選ぶ場合にも「生活の中で極力無理なく、勉強を続けること」です。
難関国家資格取得をしようというのに「無理なく」なんて、と思われるかもしれませんが、無理がたたればそもそも勉強など続きません
仕事をセーブしてでも勉強のために時間を確保する、睡眠時間を削るなど、もちろん多少は必要な姿勢なのかもしれませんが、これらが行き過ぎればたちまち、学習自体が負担に感じられ、こうした負担感が挫折の引き金ともなりかねません。少しの無理は許容範囲としつつも、「これまでの生活をがらりと変えてでも資格」と思い詰めるのは得策とは言えないのです。

よって、マンション管理士試験対策を検討される際には、第一に「無理なくやり切れる方法かどうか」を考えるようにしましょう。もちろん、これは「ご自身の精神面に自信がなくて勉強が続けられるか」等という問題とはまた別で、時間や金銭面といった実質的な要因との兼ね合いに注目する必要があります。
単に気持ちの問題のみであれば後からでも何とでもなるケースはありますが、そもそも生活に無理が生じる場合には、学習の継続が難しくなることがほとんどです

資格学習は、続かなければ意味がありません。「少し頑張れば何とかなるから」と無理をしても、結局は挫折につながることは目に見えているのです。合格を目指すなら、“続けられる学習”に注目しましょう。